■ 登山・ハイクイベント企画運営からアウトドア用品販売まで。アイボスポーツWebサイト
アイボスポーツindex
 
登山基本の「き」 | 企画イベント情報 | 「高松山の会」 | 特注商品 | オリジナル商品 | 用具メンテナンス | モンベルおすすめ商品 | コレお薦め!! | 高松市内ランチ日記
 
 
  ■装備編
シューズについて
ザックについて
雨具について
ウェアについて
春夏秋冬
ウェアリングの基本
その他の装備
忘れちゃいけない、
行動食と非常食
シュラフ(寝袋)
クリーニングのおすすめ
  ■登山計画の立て方
山仲間と情報収集
自分のレベルに合った
山とルートを選ぶ
コース選びのコツ
無理のない計画を立てよう
エスケープルートを
確認しておく
行動予定を組む
アルプス、登山口までの
アクセスは?
登山計画書を作る
山岳保険に加入していますか?
登山計画ができたら、
装備と食糧を準備しよう
山に行く前の心得
山での心得
下山後の心得
  ■登山の知識
コンパスの北は
真北ではない!
  ■装備一覧表
積雪期
日帰りトレッキング
積雪期
小屋泊まりトレッキング
積雪期
テント泊まりトレッキング
夏山装備一覧表
(日帰り〜小屋1泊程度)
 
 
Top >> 登山基本の「き」 >> ザックについて 
ザックについて
 
"大"は"小"を兼ねない。
日帰りハイキングは20〜30リットルのザックを。
食事・寝具付きの山小屋を利用する場合は、テント泊よりもずっと小さいザックで歩くことができるが、レインウェアやフリースなどの防寒着、行動食や水など、山小屋泊まりとはいえ意外と荷物がかさばるので、40リットル前後のザックを選ぼう。
選ぶときの基準は、まず、自分の体(背中)に合ったものを探すこと。
背面長
※ベストフィッティングの決め手となる背面長とはザックをジャストフィットで背負うためには、体の背面長とザックの背面長が同じ長さになることが理想。
身長が高く背中が長い人は背面長(バックレングス)の長いものを、反対に、身長が低く背中も短い人は背面長も短いものを選ぶとよい。
ザックによって背面長の調節ができるものや、ショートタイプが用意されているものもある。
登山専門店でサイズを相談しながら選ぶと安心できる。
また、ポケットが多くついているもの、反対にポケットがほとんどないザックもある。
どちらを選ぶかは、好みによる。ポケットがない方が木の枝などにひっかかりにくい。
しかし、ポケットが多いほうが、タオルや地図、行動食や水筒など、歩行中煩雑に出し入れできて使い勝手がいい。
どちらが、自分にとって使いやすいかを考えて判断しよう。
また、大きいザックのほうが荷物をたくさん入れることができ、適当にパッキングしても荷物が収まるから楽だという考え方もあるが、これはおすすめできない。
必要以上に大きいザックを使うと、ザックそのものが荷重(重さ)となるし、パッキング時もザックのバランスが崩れてしまう。そうならないためにも、荷物に合ったザックを選ぶようにしよう。

■ レギュラータイプ ■ ショートレングスタイプ
モンベル/グラナイトパック モンベル/グラナイトパック
モンベル/グラナイトパック
40リットル \9,900
モンベル/グラナイトパック
40リットルショートタイプ \9,900
ショートタイプ 同じモデルのザックだが、右がショートタイプ。背面長に大きな違いがある。

選び方・ワンポイントアドバイス
お手入れ・ワンポイントアドバイス
1. 日帰りハイキングは20〜30リットル、山小屋泊まりは35〜45リットル程度の大きさを選ぶ。
2. 背中とザックの背面の長さがぴったり合っているかどうか?
3. ウェストベルトの位置は正しい。
4. ショルダーハーネスと肩幅が合っている。
5. ショルダーハーネスで脇が締めつけられていないか?
1. ひどい汚れは、汚れた部分だけ中性洗剤を使ってブラシ洗いをする。
2. 洗った後は陰干し、乾いたら防水スプレー。
3. ザックカバーを活用して、雨や泥からザックを守りましょう!
4. 丸洗い、ドライクリーニング厳禁!

▲ UP   

店舗案内 | 特定商取引法による表記 | お買物方法 | プライバシーポリシー | フリーマーケット情報 | リンク | 問い合わせ | Topに戻る
Copyright (C) 2005 AiboSports All Rights Reserved.